Seven truths_偽善者の語り

七つの世界がある。 一つの世界に真実があれば、当然、六つの世界にも真実はある。七つの真実だ。 しかし、闇は常に同一である。 自分の光を失うことなく、七つの朔にご注意を。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

管理者の『フルート』

 アクセスカウンターを設置してみた。
 深い意味はありませんwww
スポンサーサイト
未分類 | コメント:1 | トラックバック:1 |

この世界に『神』なんていない・・・

 最近、サークル長から「早く作品だせ」と脅しのメールが来ますww
 しょうがないでしょ!掛け持ちしてる(正規の)サークルの方が今修羅場なんです!!
 小学校用の科学実験のPP(パワー・ポインター)作るの大変なんです!しかも実験もしなきゃならんのですよ!少し大目に見て下さい!(ダメダメだな、自分がw)

 そんなこんなで、タイトルで分かるように(分かるのか?)土曜日から新番組で始まった、ガンダム00(ダブルオー)の第壱話の感想を書こうと思います。


 初っぱなから紛争映像。少年兵がMS(モビルスーツ)に向かって発砲。主人公の少年時代…これなんってフルメタ?
 主人公・刹那が死を覚悟したとき、「それ」は現れた・・・
刹那の「この世界に神なんていない。」
このセリフはとても印象的だ。

 なんか初代っぽいガンダムが天より降臨。ビームライフルっぽい攻撃で敵MS全滅。強よっ!!w
 なんかガンダム以外のMSがやけに構造がリアルなんだが、特に初番の陸戦型がww
なんかxbox360のクロムハウンズっていうゲームにでてきそうw
陸戦型の何がいいかって?そりゃ、どんなにがんばってもガンダムに勝てそうに無い感じがいいんだよ!www
すごく応援してぇwww
だって、身体90度回転して、そのまま固定でバルカンだぜ?w
伊達に年号が西暦なだけあるぜ。後300年したら本当に有りそうだもんw

 いかんいかん興奮してしまったw

 壱話としての感想は、ちょい地味目のスタート。まぁ前期のロボアニが熱血系なノリが多かったから丁度良いんじゃないかなとの私の見解。
 だって、ずーと熱血みたいなノリされたら疲れない?

 AEUの新型お披露目会にガンダムが介入。新型MSのパイロットはAEUエースパイロット:パトリック・コーラサワー。名前覚えやすいww
 ヘルメットした姿が種のミゲルっぽかったため、死亡キャラか?ガンダムを前にして言ったセリフも死亡フラグちょい建ててたしw
 んで、あっというまに散る。おや?生きてるね。
 そうか、こいつはミゲルじゃなくオレンジことジェネミア系キャラか!!
確かに、あのセリフはヘタレゼリフだ!wこいつは生き延びるぞwww
 サンライズよ再び歴史に残りそうなヘタレをありがとうww
ようし!コーラサワーの行く末を見守るためにも来週から欠かさず見るぞ!(着目点違う)

 まぁ、出だしとしてはまあまあなじゃないでしょうか。
まだ第壱話だからね。悪い良いは決められないよ。
 でも、メイン脚本が黒田洋介だからね、変な方向に流れないかぎり面白い物になると思うよ。過去に彼が脚本してきた作品のほとんどは当たってるからねw詳細は名前にリンク貼ったから見下さい。
特にスクライドは凄い。この作品で私は黒田洋介に惚れたからw
そして漫画版は神www

私はガンダム00の行く末に期待しようと思う。

未分類 | コメント:0 | トラックバック:1 |

無理を通して道理を蹴っ飛ばす、それが俺たちグレン団!!

        ここに一つの物語が完結した。

天元突破グレンラガン、本日最終回でした!

 皆様お久しぶり(って言っても見てる人いるかな?www)、七朔でございます。グレンラガンに感化されて、テンプレートも宇宙っぽくしてみるw
注:以下今回の日記はグレンラガン最終回の感想になります。ネタバレも有るためご注意下さいw


 私は物語の最終回というのはあまり好きではない人間だ。
見終わったあとの消失感というものか、なにか胸に引っかかりすっきりしないことが多かった。
 しかし、グレンラガンの最終話を見終わった後にあったのは消失感ではなかった。見終わって胸がすっきりしていたのである。
まぁ、この感想は後で書くとして先に進めよう。これでは先にすすまないww


 まず、シリーズ通して見て思った感想。
―これは、ただのロボットアニメじゃない。
エヴァが「人の心」を描いているなら、グレンラガンは「人間」そのものを描いた物語である。私はそう感じた。
シモンという一人の「人間」の成長を描きながら、「人間」とは何かも描いていく。アニメ演出も含み、これが「グレンラガン」に魅入られる理由ではないのだろうか。

 以上全体の感想終わり。

第26話の後半から泣きっぱなし、あの演出は卑怯過ぎるwそれでいて、ワザと臭くないのだから凄い。
そして最終話、もう後半近くの途中から涙が自然に溢れでてきるこの演出、26話から通して神レベルである。

 なるほど「天元突破グレンラガン」か、まさか最終話で出てくるグレンラガン最終形態の名前だったとは、そしてあのスケールのでかさ。
ようやくゲッター以外の作品でゲッター・エンペラーとタイマンはれるロボットが登場したか!!www
すんません、ゲッター大好きなんですw
超銀河ダイグレンの時から思ったが、あのでかさとエネルギーの色と演出がゲッターをオマージュしているとしか思えんwww
ってか小銀河を足場にしたりそれを投げたりってどんだけよ!w

とまぁロボの感想を言いまして。

ニア消滅からCパートまで賛否両論あるようで。
私は賛の人間だ。
バットエンドと語る人もいるが、私は違うと思う。
ニアの消滅は、決して絶望なんかじゃ無いと思う。それは最後にニアが今までにないぐらいの笑顔で消滅していったのがそれを物語ってると思う。
 そしてCパート、話はエピローグいきなり20年後である。
老いたメインキャラクター達、そして受け継がれていく意思。最後には老いたシモン。しかしその目は老いていない。
 このパートはよけいだと言う人もいるが、私は必要な演出だと思う。
シモンの物語を完で終わらせるため、「人間」を描き終わるため、そして意思が受け継がれていることを示すため、それはとても大切な事だ。
そう「天元突破」、最後まで真ん中を貫き通したのだ。
上記でも語った通り、すっきり見終われたもの最後まで物語が語られたからだろう。故に、私はこの物語を賛美する。最高だグレンラガン!
 
 どうやら、来月から深夜枠で再放送がはいるらしい。
凄いぜグレンラガン!終わったそばから再放送なんて、今までそんな快挙は無かったぜ!
 
 感動と驚愕と燃焼を見せてくれたグレンラガンに礼を。
最後に
 無茶を通して道理を蹴っ飛ばす!それが俺たち
 『大グレン団』!!
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

それ以上はダメだ!それじゃぁ企業の思うがまま・・・

 気づけば、6月の半ば。
 日が経つのが早いなぁと感じる今日この頃です。
 
 レポート書いて、宿題やっての日々が最近慣れ始めた感じだねぇ。
 創作系が全く進んでないなww
 
 近状 
 
 ついに、アイドルマスターに手を出してしまった!ww
 いや、面白いよこれ。駆け出しプロデューサー・七朔でがんばってます!w
 最初に選んだキャラは菊地 真。選んでから名字の読みが大学にいるヤツと同じだと気づき、ちょっとテンションダウンしたが、大丈夫。
 はっ!、今気づいたが・・・。止めておこう、このネタ終了!(えっ
 週に一度はスガイに行ってプレイしてますw
 結構ハマってるなw
 
 ああ、(色々と)大丈夫だろうか、俺w
 
 
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

映画は人に影響を与える。時には運命さえ左右させる・・・と思うよw

 スパイダーマン3を見に行った。見終わってまだ2時間経ってませんw
 うん、今までの集大成っていってもいいだろうね。一番面白かった。

 以下、ネタバレ。ご注意を。「ネタバレしない」のポリシーはもう無いみたいですwww(おい




 今までのあらすじをショートムービーにしたOPから始まるスパイダーマン3。最初はM・Jとラブラブです。しかし彼女の批判記事がきっかけに、二人のすれ違いが始まる・・・。

 こんな感じので始まります。
 途中、スパイダーマンことピーターが彼の友人・ハーリーに襲われたり(彼はスパイダーマンが自分の父親を殺したと思っている)。
 いやーそれにしてもあのボーダー型の飛行移動機は格好良かったな、まるで空の波に乗っているようだった。
 復讐心がきっかけで、寄生生命体に乗り移られブラック・スパイダーマンになったり。
 なんとか、寄生生命体から逃れるも、ピーターに恨みを持っている人間に乗り移ったり。
 ピーターの叔父の仇が実験に巻き込まれてサンドマンになったり。
 そのサンドマンと寄生生命体が手を組んじゃったりして、スピーディーにストーリーが展開するが、ちゃんと客が置いてきぼりにされないように工夫がされてたりして凄かった。伊達に三本スパイダーマンすくってないなw
 クライマックスは、待ってました!っていう感じの熱い展開ですw
 そしてエンディングへ。
 結末は自分達の目で確かめて下さいwww

はしょり説明だったけど、気にしないで下さいw
物語については本当に一つまみ(五つまみぐらいかもしれないが)しか説明してません。
 
 続編でるかな?監督は終わらせる勢いで作ってるけど、人気・要望次第では続編作るかもっていってたけどね。

以上、自己満足型感想でしたw

 

 
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。